• 215月

    Panasonicからマイクロフォーサーズ用の大口径標準ズーム「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S.」(名前が長い)が登場するようで。

    以前発表になっていたもので、35mm換算で24-70mm相当でF2.8通しというレンズですね。
    Xシリーズというと沈胴式のが出ていましたが、こちらは普通の形状です。
    いつものパナソニックらしく、「35mm判換算24-70mm相当でF2.8のレンズとして世界最小・最軽量」という、それだけ条件を付ければなんでも最小・最軽量だろうという謳い文句も付いています。
    むしろお値段のほうが最軽量になって欲しい気もしますが、こちらはそうはいかないようで、9万円前後のスタートになるようです。

    レンズ内手ブレ補正機構が付いてるあたりは良いなぁと思いますが、個人的には初期の14-45mmくらいで十分かなぁ。
    単焦点好きな私としては定評のある20mmあたりをリニューアルしてほしい気もしますが、なかなかそうもいかないんでしょうね。
    ただ、防塵・防滴や動画対応など、性能はかなりのものみたいですので、E-M5あたりと組み合わせて使うのも良いかもしれません。

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/05/21 7:00 pm | LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.