• 274月

    AdobeのRAW現像ワークフローソフト「Lightroom 3」が3.4にバージョンアップしています。

    今回もカメラ機種の追加が主な変更点ではありますが、それ以外の変更も結構たくさんあるようです。
    私が気になった主なものはこんな感じです。

    ・トーンカーブのポイント調整で上/下矢印キーが正しく機能しない
    ・セカンドウィンドウ有効時にマウス操作でCPU負荷がかかる
    ・検索時にスペースが含まれていると候補キーワードが正常動作しない
    ・キヤノンM-RAWでハイコントラストエッジに斑点やマゼンタかぶり
    ・iPhoneで撮影したビデオの撮影日が1903年12月31日になる
    ・Nikon D7000 / PENTAX K-5の多重露出でマゼンタかぶり
    ・カラーノイズ軽減値がプリセットに正しく保存されない

    どれもこれまで気になったことはないんですが、カラーノイズ低減のプリセットは私も良く使ってるので、気づかないだけでこれまでもおかしかったのかも。
    カメラの方は以下の機種への対応が追加されています。

    OLYMPUS E-PL2 / E-PL1s /XZ-1
    Canon EOS Kiss X5 / EOS Kiss X50
    Kodak Z990
    Samsung NX11
    Nikon D5100
    Hasselblad H4D-40
    FUJIFILM FinePix X100 / S200EXR / F550EXR / HS20EXR

    XZ-1やFinePix X100あたりをお使いの方には朗報ですよね。
    うちにはそんな新しい機種はないけど、バグ修正も入ってますし、早速アップデートしておきました。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/04/27 7:53 pm | Lightroom 3.4 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.