• 1710月

    ちょっと驚きの発表からだいぶ経ちましたが、その後、あまり
    新しい情報が出てこないライカのAPSコンパクト「Leica X1」。

    すでに発表されているようにCMOSはソニー製だそうですが、
    レンズユニットなどもOEMっぽい気配を漂わせています。

    もちろん、最終組み立てはドイツなので、ドイツ製、そして
    まぎれもなくライカなのですが、ちょっと供給元が気になったので
    調べてみました。

    ここから先は噂を含みますので、正確な情報であるとは限りませんので、
    その点はご了承くださいませ。

    どうやら元コダックジャパンだったフレクストロニクス(古くはチノン)が
    関わっているみたいですね。
    それならKodakのCCDを採用しても良さそうな気もしますが、そこは
    コストの問題かな?

    ニコンがかかわっているという噂もあったのですが、おそらく採用された
    CMOSがニコン採用のものに近かったためでしょう。
    逆にニコンのほうにも、APSなミラーレスの噂がありますから、
    それとX1が血縁関係があったりする可能性は否定できませんが。

    それに関連して、最近、Nikonのボディキャップが新しくなったんですよね。
    「F mount」の文字が入ったそうで。
    これは深読みすると、Fじゃないマウントが登場するとも考えられますが、
    こればっかりは想像の域を出ないお話です。

    ただ、マイクロフォーサーズの好調を受けて、各社、ミラーレスの
    検討は進めていると思います。
    フジもマイクロフォーサーズに参入するという噂があるようですし。

    ただ、ミラーレスの新しいマウントを構築するとなると、レンズ群も
    新たに用意しなければなりませんし、かなりのパワーが必要ですよね。

    今から登場するフォーマットなら、動画への対応をしっかりやるべき
    でしょうし、絞りやAFの静音電子駆動は必須でしょう。
    それがなければ、CONTAX Gマウントの復活も面白いんだけどなぁ。


    【送料無料!】《中古並品》CONTAX G2

    あとはPanasonicとライカの関係も気になります。
    レンズでは相変わらず良好な関係を続けているようですが、ライカは
    マイクロフォーサーズにはいかないようですし…。

    オリンパスもフジの撮像素子を使うという噂もありますから、
    今のメーカー協同も変化する時期なのかもしれませんね。

    なんだか、あちこちに話が飛んじゃった感もありますが、ライカX1が
    成功して、コンパクトにも大型素子の時代が加速してくれたら
    良いなぁと思います。


    【送料無料!】《中古良上品》Leica M8 (ブラッククローム)

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/10/17 11:18 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    ううん、「最終組み立て」って、どこの部分を言うのでしょうね。例えば、(1)部品を輸入して、組み立てる (2)幾つかの組み立てられたユニットを輸入して、それを組み立てる (3)全部組上がったものを輸入し、検査だけを行う の3つが考えられますが、現在の自動化工場を考えれば、(3)が正解のような気がしますが。

    さて、ミラーレスの話ですが、ミラーが上下することによる振動は、CCDをかなり揺らしてしまうとの話もありますので、一眼レフからミラーを取り除くことは各社、考えていると思います。ただし、その方法は、ニコンにしろ、キヤノンにしろ、現行マウントのままで、単純にミラーを取り除く方法のような気がしています。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    組み立ては欧州にあるフレクストロニクスの工場でやっているという
    噂もあるようですから、ライカでは検品だけかもしれません。

    ミラーレスでフランジバックはそのままだと、コンパクトさに欠けますね。
    そういう製品だと、まだまだマイクロフォーサーズの優位は残りそうです。