• 255月

    Leicaが自社のWebサイトで「Mini M」というニューモデルと思われる製品をティザー広告しています。

    先日出たフルサイズのLeica M、そして箱入りのMini M、MICRO Mと書かれたLeica X2、NANO MというD-LUX 6と並んでますから、素直に考えればAPS-C以上のレンズ交換モデルでしょうね。
    銀塩時代にもミノルタと組んでLeica CLを出したことがありますし、そういう路線と推測しています。
    Leica Mがライブビューに対応したもののレンジファインダーは残しましたから、逆にMini Mは液晶画面もしくはEVFのみのモデルとなるのかなぁ。
    それだとFUJIFILM X-E1で良いのでは?という印象もありますけどね。

    マウントに関しても普通に考えればMマウントなんですが、これだとオートフォーカスには対応できないですからねぇ。
    Mマウントを拡張させて電子接点を追加したようなものにして、AFやズーム、動画対応などを図ってくる可能性も多少はあるのかも。
    ライカにそこまで出来るのか?と言われるとどうかなぁという気もしますから、予想外でFUJIFILM XマウントやNEXのEマウントあたりに相乗りしちゃうなんて可能性も…。
    まぁ少なくともマイクロフォーサーズということだけはなさそうなのはある意味残念ですけどね。

    なお、ティザー広告によると6/11発表のようなので、あんまり期待しすぎずに待ちたいと思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/05/25 12:00 pm | Leica Mini M はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.