• 309月

    家電量販店でCanonのコンパクト「IXY DIGITAL 920 IS」が展示されて
    いたので、触ってきました。


    Canon デジタルカメラ IXY DIGITAL 920 IS

    これまでのIXYのデザインを踏襲しながら、28mmからの広角に対応し、
    それでいて35mmの3倍ズームを超える112mmまでカバーしているのは
    便利だと感じます。

    背面のボタン類は、エッジの効いた男っぽい精悍なデザインに
    なっていて、多少、好みが分かれるかも。

    ただ、同じIXYシリーズの上位機種(?)「IXY DIGITAL 3000 IS」に比べれば
    穏やかなデザインだとは思いますが。


    CANON IXY DIGITAL 3000 IS BK パンサーブラック

    また、操作面では、ホイールがボディから少し飛び出気味のため、
    気付かぬうちに勝手に回りやすいような気がします。
    一眼レフのサブダイヤルのように、ロック機構があると便利かもしれません。

    機能の面では、顔の動的検出の精度とスピードが、かなり向上している
    なぁと感じました。

    近くでビデオが流れていたのですが、その中でかなり激しく切り替わったり
    動いたりする顔を、多少のタイムラグはあるものの、ほぼ確実に追従して
    検出できていたのは、なかなかだと思います。

    ただ、顔優先AEでは、背景が黒い場合に、少しオーバー気味になる
    傾向が感じられました。

    これは、顔優先AEが顔のみのスポット測光ではなく、顔優先の
    評価測光になっているからかなぁと思います。
    顔優先AEでも、やはり多少の露出補正は必要になりそうです。

    一方、再生時にフォーカスチェッカーという機能があるのですが、
    これを使うと、人物を撮影した後、再生時に顔が再検出され、
    その部分を拡大表示できるので、合焦の確認が簡単にできて
    便利そうです。

    顔認識が撮影だけでなく、こうした確認時などにも活かせるのは
    良い試みだと思います。
    将来的には人物を判別して、人ごとに別フォルダに格納するとか、
    そういったこともできるようになると便利かもしれませんね。

    全体的な感想としては、けなすところが非常に少ない印象でした。
    裏を返せば、特筆して褒める部分も少ないというのが本音です。

    完成されているともいえるのですが、もう少し尖った新しさを
    見せて欲しいという想いもあります。

    個人的には、私も以前、取り組んだことがあるペットの顔認識を
    どこかのメーカーに手がけてほしいなぁという気持ちがあります。

    正直、ネコや犬は品種ごとにかなり差が激しく、一筋縄では
    いかないのですけれど、そこは登録作業で特定の一匹だけを
    「学習」するような機能でも良いのではないかと思います。

    ペットの撮影というのは、非常に需要がありそうですし、ぜひ実現
    してもらいたい機能ではあります。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2008/09/30 7:36 pm | IXY DIGITAL 920 IS、触ってきました はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.