• 0510月

    エイ出版社の発刊スケジュールを見ていたら、10/6に「GXRパーフェクトマニュアル」という本が出るようで。

    調べてみると、藤田一咲さんが以前から告知されていたGXRの本みたいですね。
    藤田さんがパリで撮影された写真などを交えつつ、GXRの使いこなしを紹介してくれているようです。
    もちろん、最新のMOUNT A12も取り上げられていて、ライカレンズの作例などもあるみたいですね。

    GXRには結構興味があるんですが、最近はMOUNT A12が人気なこともあって、中古でも品薄みたいなんですよね。
    ボディがあっても、レンズユニットが結構なお値段ですし…。
    他のミラーレスのように「撒き餌」的なレンズユニットがあれば違うんですけど、だからといって素子が小さいものはねぇ。
    今後、ローパスをカットしつつ、50mm F1.8みたいなユニットが格安で出たら、さらにブレイクするかもしれませんね。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/10/05 12:00 pm | 5 Comments

5 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    P10は、価格はなんとかなってるけど所詮CXなんでねぇ

  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    「GXR+P10+VF-2」、持っています。この組み合わせだと、使い勝手は完全にコンデジで、特にAFは非常に遅いです。また、VF-2は液晶画面が非常に小さいです。コンデジと思っていますので、この辺りはガマンの範囲内なのですが、青空がもう少し青くなってくれればと思って、色々といじっています。今年中にはMOUNT A12を入手したいです。

  • matsumo Says:

    あ、良い点を書き忘れていました。

    最も良いことは、手触りで、プラスティック製とは異なり、カッキリとした感じで、これは素晴らしいです。デジ一眼レフを含めて、真似をして欲しいです。この手触りになれると、普通のデジカメは触りたくなくなります。

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    RAWで撮れるメリットはあるんですけどね。
    それこそ、PENTAX Qの技術を統合できれば良いかもしれません。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    AFが遅いというのは意外でした。
    以前、A12の28mmをお借りした時はそんな印象はあまりなかったです。
    時間があればまたRING CUBEで借りてみようかな。