• 089月

    Nikonのハイエンドコンデジ「COOLPIX P6000」の後継モデル「COOLPIX P7000」が海外で発表されたそうで。

    今回の最大の変化点はレンズのようですね。
    従来、28-112mm相当の光学4倍だったものが28-200mm相当と、かなり高倍率ズーム機になりました。
    この方向性はF300EXRなどもそうですが、こちらは素子のサイズは1/1.7型のままで実現しているのが面白いところです。
    S8000などで培った技術を応用したのかもしれませんね。
    ただし重量は従来の240gから大幅に増加して360gになっています。

    また、画素数は1350万画素の前モデルから、1010万画素と、かなりの減少です。
    たしかに画素数が無駄に多いのは良いことではありませんが、「だったら前モデルはなんだったの?」と言いたくなるユーザーさんも多いのではないでしょうかねぇ。
    GPSあたりも今回は割愛されたようですし、高級コンデジの位置づけに苦労してるのかもしれません。

    そんな中でも光学ファインダーを残してくれているのは、ニコンらしい良心なのかも。
    すでにP6000の在庫は少ないようですが、国内でのP7000の発表も待たれるところです。
    また、ライバルのG11も後継のG12の噂があるようですけど、こちらもどうなるのかな?

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/09/08 10:00 pm | COOLPIX P7000 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.