• 092月

    カシオからスイバルな単焦点カメラ「EX-TR100」が発表されました。

    この機種、少し前に海外で発表された「TRYX」ですね。
    日本では普通の型番が付いたようです。
    21mm相当の単焦点レンズというのがシンプルで良い感じです。
    ズームレンズも高倍率なものでなければ、結局、ワイド端で撮る比率が高いですし、個人的には単焦点好きですし、、沈胴式じゃないのも破損の心配が少なくて良いですね。
    いざとなったら、超解像のデジタルズームも使えますし。

    また、スイバル機構の機種も前メーカー通して考えても、久しぶりかも。
    以前はニコンが良く出してましたし、ソニーや京セラ、そしてカシオも出してましたね。
    しかし、今回のモデルは単なるスイバルというより、もはや変形メカみたいな感じです。
    スマートフォンやパソコンなどからリモートカムみたいな感じで使えたら、もっと用途が広がるかも。
    それには無線LANやBluetoothが欲しかったところですが、それはこの初代機が売れたら実現されるかもしれませんね。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/02/09 9:00 am | CASIO EX-TR100 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.