• 164月

    更新サイクルからしてもうすぐ出ると予想されるリコーのコンデジ「GR DIGITAL」の後継モデルですが、いろんなところに噂が出始めているようで。
    噂と言いますか、もう実物っぽい動画も出ていたりで、フィールドテストが始まってるような雰囲気ですけどね。

    なんといっても大きく変わっていそうなのはセンサーでしょう。
    レンズ銘が「GR LENS 18.3mm F2.8」となっていますから、これまで通り28mm相当となるとAPS-Cセンサーということになります。
    それでいて変わらないのはボディサイズで、動画内の表記が正しければW117xH61xD34.7mmとのこと。
    GRD4がW108.6×H59.8×D32.5mmですから、多少は大きくなったものの、十分GRなサイズの範囲と言えるでしょう。

    気になるのはこのサイズの中でレンズの性能が出せたのか、というところですけど、これも動画中に出てくるMTFを見る限りでは従来のレンズに負けないものになってるみたいです。
    ただ、マクロモード時のMTFも出てくるんですが、こちらはちょっとイマイチかなぁという印象もあります。
    なお、レンズ構成は5群7枚で、ローパスフィルターレスだそうです。

    画像処理エンジンはGR ENGINE Vとなり、処理速度や画質にはこちらも貢献しているようで、サイズ縮小のために多少のレンズ補正もこちらの画像処理エンジンでされているのかもしれません。
    これも動画が正しければ、という前提になりますが、作例を見ると銀塩時代のGRっぽい雰囲気になってる気がしますし、これまでのハイコントラスト寄りから少し柔らかさも兼ね備えた描写になってるような気もします。

    一気に大型素子になったのでお値段もきっと結構な価格になりそうだなぁと思いますが、市場は早速反応しているのか、チラッと立ち寄ったショップではGXRやGRD4が値下げされているのが目立ちました。
    特にGXRは立場がなくなった感じで、A16やS10などはずいぶん下がったなぁという感じです。
    A12も今回のGRDが出たら位置づけが相当厳しくなりそうですが、そうなると私としては俄然そっちに注目したくなる天邪鬼ですから、どちらも目が離せないといったところです。

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/04/16 8:00 pm | 新GRDの噂 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.