• 263月

    α700を叔母に持たせて、1枚撮ってもらっていたのですが、いつもは
    安定しているのに、コンパクトフラッシュへの保存中にハングして
    しまいました。

    電源を入れ直してもダメで、アクセスランプがつきっぱなし。
    仕方ないので、電池を外して、復旧させて、以降はメモリスティックに
    記録することで事なきを得ました。

    帰ってから見てみると、RAW+JPEGのRAW部分の記録が出来て
    いませんでした。
    どうやらコンパクトフラッシュが破損したようです。

    一応、フォーマットしなおすと、問題なく動作するようになったようですが、
    信頼性の面ではちょっと不安が残りますねぇ。

    ちなみにクラッシュしたカードはA-DATAの4GBです。
    お値段は安いから、予備にするのには良いのですけどねぇ。


    最終特価!A-DATA 大容量コンパクトフラッシュカード Speedy CF 4GB

    この際、UDMAのカードを一枚持っておくべきかも。


    【即納】【4GBのCFカード】グリーンハウス「GH-CF4GD」 233倍速 コンパクトフラッシュカード【P…

    フィルムを考えれば、カードの価格は十分すぎるほど安いのですし、ある程度、
    使い捨て的に考えるべきなのかもしれませんね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/03/26 6:05 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • こじろう Says:

    自分も以前トランセンドのCFがクラッシュしました。
    その時は画像全てが読めなくなってしまい1時間かけて撮影した蛍写真が無駄になってしまいました。
    その後復旧も出来ず新しいのを買い直した後永久保証だったのでメーカーに送り交換してもらいました。

  • MacBS Says:

    こじろうさん、コメントありがとうございます。

    永久保証、A-DATAも付いてるかもしれないですね。
    突然壊れるのはHDDと同じですねぇ。

    予備のコンパクトフラッシュは、やっぱり早めに
    用意しておくべきだなぁと改めて思いました。