• 266月

    久々にゲットしたPENTAXの高倍率ズーム機「X70」ですが、早速ちょっと持ち歩いてみました。

    本来なら望遠域を活用するところなんでしょうが、ついつい寄りたくなるのが常でして、その点でもX70は1cmマクロがあって便利です。
    50mm相当に固定されますが、これだけ寄れれば文句なしです。
    -0.3EVにした以外は特に何もせずにJPEG撮って出しですが、色乗りも良いですし、シャープネスもしっかりした仕上がりです。

    逆に望遠側は感度が上がりやすくなるので、どうしてもノイズが目立ってきます。
    自動感度アップについてはISO上限を設定できる親切仕様ですが、ISO400くらいが実用範囲かな。
    いざとなれば上の写真みたいに後処理もできますけどね。

    あと、望遠側ではオートフォーカスの中抜けもちょっと目立ちました。
    そういうケースも簡単にMFに切り替えられて、液晶で拡大表示できるので困る場面はなかったです。

    以前、FinePix S8100fdを使った時も予想外に良いなぁという印象だったんですけど、今回もそれに似た感覚があります。
    いつも「しばらく使ってみたい」とか言いつつ、すぐに飽きたりするんですが、最近は入手頻度も減ってるところですし、X70はまだまだしっかり使っていきたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: DailyPhoto
    2013/06/26 9:00 am | PENTAX X70で試し撮り はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.