• 077月

    先日ゲットしたPENTAXの高倍率ズーム機「X70」ですが、軽量さもあって蒸し暑い時期の散歩の相棒に活躍してくれています。

    私の感覚かもしれませんが、どうもペンタックスのカメラは撮像素子を素直に使っていて、あまり強引な画像処理がされてないのもあって、素性が良い印象なんですよね。
    それだけに高感度ノイズは結構なものになってしまうケースもありますが、シャープでありつつも自然な描写で、素子が小さいのに頑張ってるなぁと。
    PENTAX Qで得たテクニックも生かされているのかも!?とか一瞬思いましたが、X70の発売が2009年で、Qは2011年ですからそれは違ったみたいです。

    望遠側も生かしてみたいと思って被写体を狙ってますが、意外と普通の散歩ではそういう出会いもなくて、思ってたようには使いこなせてません。
    気をつけないとすぐに感度も上がってしまってザラザラになっちゃったりもしますし。
    そこは上限のISOを200までに変更しておいたので、今後は問題ないでしょう。

    バッテリーの持ちが悪いというのもレビューで見かけたんですが、今のところは最初に充電したっきりで、120枚くらい撮ってもまだ目盛りが2つ残ってますから、カタログスペック(約170枚)通りくらいの撮影枚数は十分行きそうです。
    たしかに多いほうではないので、できれば予備のバッテリーがあったほうが良さそうですが。

    あと、細かいところですけど、レンズキャップが被せ式で電源を入れると勝手に外れてくれるので散歩中の撮影には結構便利です。
    ほとんどはちゃんと手で外してから電源を入れるんですけどね。
    今はコンデジ用のストラップを付けてますが、首から下げるようにしてまだまだ活躍してもらおうかなと思ってるところです。

    Filed under: DailyPhoto
    2013/07/07 9:00 am | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    今日は。結構スッキリした色が出ていますが、露出倍数補正だけですか?

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    ジョブの目やにをレタッチしたくらいで、あとはJPEG撮って出しで露出補正のみです。
    画像仕上げもナチュラルに設定してあります。
    感度が上がると急に色が薄くなってしまいますけど、この頃まではまだ色乗りが濃い目設定の機種が多かったのかもしれませんね。

  • shigechan Says:

    ドモドモ。

    ナチュラルであの位の色乗りだと結構ゴージャスな感じですが、変な色はかぶっていませんね。
    ところでこちらは滅茶苦茶に暑いですが、大分は如何でしょうか? 昨日は横浜駅へ行く用事がありましたが、あまりの人混みにうんざりし、ヨドバシにもどこにも寄らずに帰ってきました。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    白飛び補正が入ってない分、コントラストが高いというのもあるかもしれません。
    彩度も変更可能ですし、いろいろ調整してみます。

    暑さはこちらもかなりのもので、特に夜が30℃近辺と高いままなのが堪えます。
    カメラを持って出るんですが、撮る気にならないという感じです。
    お店にもあんまり寄る気が起きないですねぇ。