• 289月

    以前の現像上がりのエントリーくらいニーズがなさそうですが、自分が楽しいので、まだまだ書いていくヤシコンレンズシリーズです。

    今回はヤシカのマクロレンズ「ML Macro 100mm F3.5」です。
    Carl ZeissにはMakro Planarという優秀なレンズがありますが、こちらは富岡光学がそれに負けじと作ったのだと思われます。
    マクロプラナーよりちょっと暗くて、撮影倍率も1/2倍までですが、なんとなくレンズ構成などは似ている気がします。

    APS-Cだと150mm相当ですから手ぶれが結構気になりますが、室外で使う時はそれほど気になりませんでした。
    ワーキングディスタンスを取りやすいので、使い勝手は思ったより良かったですね。

    撮影倍率については接写リングでぐっとアップできます。
    本来は等倍のマクロリングが出ていたんでしょうけど、とりあえず31mmの接写リングで。

    数mmくらいのとっても小さな花でしたが、虫眼鏡並みに近づけます。
    それだけにちょっとの風でも撮りづらかったですが。
    ソニーからも純正の30mmマクロが出ていて、これも良いなぁと思いますが、マクロはマウントアダプタでも良いかなぁ。
    さすがに100mmは常用しづらいので、ほんとはマクロプラナーも欲しいですが、それは高すぎです。

    Filed under: DailyPhoto
    2011/09/28 9:00 am | NEX-5にML Macro 100mm F3.5 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.