• 0111月

    先日の臼杵ではSIGMAのDP1も持ち歩いていました。

    あいにく天気が悪かったので、晴れに強い(裏を返せば暗い場所に弱い)DP1ですから、イマイチ活躍できませんでした。
    それでもこのコンパクトさはやっぱり良いんですよね。
    だいぶ前、SD14をみんぽすさんにお借りして、同じ臼杵の「星の宵」を撮ったことがありますが、そこまで気合いを入れずに撮れるのは良い感じでした。

    そういえば、SD15も最近また、ずいぶん安くなってるようです。
    アウトレットとなっていますが、実際には外箱のバーコードに線が引いてあるだけだとか。
    SAマウントのレンズが必要になるので、そこが問題ですが、我が家にはSAマウントが結構ありますし…。
    ただ、冷静に考えれば、DP1と素子はほぼ同じなわけです。
    そう考えちゃうと、ちょっと躊躇してしまうんですよねぇ。

    あと、純正の現像ソフトSIGMA Photo Proの扱いにくさも躊躇する理由の一つではあります。
    そういうこともあって、最後の写真はLightroomで現像してみました。
    FOVEONらしさが活きるのはSPPのほうなんですけど、WBの調整とか、ヒストグラムを見ての操作、トーンカーブなどはLightroomですね。
    SD15やDP1x、DP2xは正式にはLightroomが対応していないですし…。
    そのあたりがクリアできるのはむしろ古いDP1やSD14かもしれませんね。

    Filed under: DailyPhoto
    2011/11/01 8:00 pm | DP1で臼杵撮影 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.