• 078月

    ちょっと市役所に用事があったので、昼に出かけがてら、E-P1を持ってお隣りの府内城址周辺を撮ってきました。

    一応、お堀やお城っぽい写真も撮ったんですが、天気もイマイチだったので、近所の神社が主体になってしまいました。
    おかげで暑さは少しはマシだったんですけどね。

    持ち歩きのサイズ重視で、PEN F用のZUIKO 25mm F4一本だったんですが、サイズは小さいものの、描写はあと一歩、面白みに欠けるかも。
    中途半端にオールドレンズなので、かっちり撮るのか、レトロな雰囲気なのかが難しい感じです。
    画角は50mm相当で便利ですけど、楽しさという点では40mm F1.4のほうが面白いかな。

    最後は廊下橋というのを撮ってみました。
    これも外観も撮ったんですけど、結局は中だけの写真を選びました。
    古っぽいけど、平成8年に復元されたものなんですけどね。

    E-P1のほうは、なぜか撮った写真がかなりアンダーになることがありました。
    半押しAEロックを気づかずに使ってた可能性もありますが、どうもマウントアダプタだと評価測光でアンダーになりすぎる傾向があるような気がします。
    念のため、中央重点測光に変更しておきました。

    また、アンダーの時、トーンに余裕がなくなる感じがGF1に似ていますね。
    このあたりはなぜかG1だと感じないんですよねぇ。
    撮像素子は似たようなものでしょうけど、ちょっとした世代の違いでしょうか。

    あと、ISO AUTOの感度アップがちょっと早い(1/100秒下限で上がる感じ)ので、AUTOの上限をISO400にしておきました。
    せっかく強力な手ぶれ補正があるので、こっちに頑張って欲しいですしね。
    こういうチューニングを追い込んでいくところはカメラ好きには楽しいですけど、もう少し簡単セッティングでも良いのかも。
    そのあたりもE-P3では多少進化しているのかもしれませんね。

    関連エントリー:

    Filed under: DailyPhoto
    2011/08/07 9:00 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    NOKTON0.95の取説にもオリンパスで使う場合は
    中央重点かスポットで使うように書いて有ります。

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    やっぱりMFではESPが使えないんですね。
    ただ、別の理由で今回の出張ではESPに戻しました。