• 088月

    昨晩、大分市の花火大会が開催されたので、今年も屋上で花火を見てきました。
    これで3回目になるのかな。

    去年と同じく、カメラはα700、レンズは適当に50mmマクロで撮りました。
    事前に準備しておけば良かったんですが、三脚が見つからず、とりあえず一脚で撮ってきました。
    レリーズがあったので、まぁなんとかなりましたが、手抜き感は否めません。

    絞りF8あたりにして、花火の量によってシャッタースピードを変えてみたり。
    1/3秒くらいなら、まぁなんとかブレずに撮れる感じかな。
    途中で「動画で撮ったほうが良かったなぁ」と思ったんですが、カメラを撮りに戻らず、見ること重視で過ごしちゃいました。

    しかし、ぼちぼちちゃんとした三脚も買うべきでしょうねぇ。
    持ち歩かなかったら意味がないので、強度よりもコンパクトさ重視でいこうと思っていますが、それだと結局ブレちゃうかなぁ。

    関連エントリー:

    Filed under: DailyPhoto
    2011/08/08 12:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • straysheep Says:

    花火大会、私は水戸の千波湖花火大会(黄門まつり前夜祭)で撮影してきました。昨年もそうだったんですが、偕楽園で撮影なので50mmだと収まり切らないために、使ったレンズは「18-35mm F3.5-4.5」と言う広角ズーム。他には、いませんでしたね、そんな広角ズーム使っている人は...。

    20代までは望遠が欲しくて仕方なかったけど、歳とったら何故か広角ばかり欲しくなってます。

  • MacBS Says:

    straysheepさん、コメントありがとうございます。

    近くだと見上げる感じになって、撮影も大変そうですね。
    その分、ダイナミックな絵になりそうです。

    通説では年齢に近い焦点距離が好みになると言われますが、全く逆ですね。
    対象となる被写体が変わったため、というのがあるのかもしれませんね。