• 172月

    α37のコンパクトさを活かせるようにと手持ちのレンズの中からミノルタの50mm F1.4を引っ張り出してきていっしょに持ち歩いてみました。

    α700を使ってる時には、常用している50mm F2.8 Macroと比べるとややオールドレンズっぽい印象があって出番が少なめだったんですが、改めて使ってみると意外に良い感じです。
    銀塩時代のレンズですから撮像素子との相性があったのかもしれませんが、最近の素子技術の向上で印象が変わったのかも。
    そういえば、NEXあたりでオールドレンズを使ってみても、そのレンズの持つ良さがうまく活きることのほうが多いですものね。

    せっかく明るいレンズなので開放よりの絞りのほうが面白いですが、少しボケはうるさい感じかな。
    手持ちのは初期の50mm F1.4なので円形絞りでないのも影響しているのかも。
    ちなみにソニーから出ているレンズも基本的には同じ設計を引き継ぐものだったと思います。

    ところでα37のほうはまだまだ使いこなせていない部分もあります。
    AWBの挙動がα700とは少し違う感じで、特に室内で撮った写真だとホワイトバランスが取りづらい印象です。
    さらに、NEX-5と同じようにマゼンタ被りが出るケースがあって、この辺りはレンズの古さが影響しているのかなぁ。
    RAW現像のパラメータも合わせ、徐々にコツを掴んでいこうというところです。

    Filed under: DailyPhoto
    2013/02/17 9:00 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • とめ Says:

    レンズ試算を活かすには、マウントアダプタを使ってでも、
    使い切りたいものですね。デジタル専用のレンズとは違うけど、使い方次第でしょうか。
    マウントアダプタも色々ありますが、現在はニコンレンズーマイクロフォーサーズを使っています。

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    いろんなマウントがありすぎてアダプタもまだまだ調達しきれてません。
    次はライカRやエキザクタあたりを使いたいなぁと思ってるところですが、いいかげんNEX純正レンズのほうが先かなとも思います。