• 102月

    購入したばかりのSONYのデジタル一眼「α37」ですが、動作確認も兼ねて銀座を歩きながら少し撮影してみました。

    絵の雰囲気としてはα700よりはNEX-5に近い風合いという感じですね。
    早々にRAW+JPEGにして撮ったので、今回のも全部、Lightroomで現像していますが、その時のシャープネスのパラメータもNEX用に作っておいたプリセットを使っています。

    ノイズに関してもやっぱりNEXに似ていて、RAWで現像してみると意外と高感度ノイズが目立つんですよね。
    最近の機種も素子そのもののノイズ耐性が上がったというよりはノイズリダクション処理がうまくなったということなのかと。
    長く愛用してきただけにα700を贔屓目に見てるところはありますけどね。

    今回使った18-55mmのような暗いレンズだと結構積極的にISO感度を上げてきますが、できればISO1600くらいになるべく抑えたほうが良いかも。
    この辺りでAUTOの上限感度とかの設定がなさそうなのはやっぱりエントリーモデルだなぁと感じるところでもあります。

    JPEGの絵についてもエントリーモデルらしく、さっぱりとわかりやすい絵に仕上げてくれる傾向があるようです。
    私自身はほぼRAW撮りなので、ここは問題ないですね。
    あとはもう慣れという感じですし、軽快なボディを生かしてどんどん持ち歩いて慣れていこうかなという感じです。

    関連エントリー:

    Filed under: DailyPhoto
    2013/02/10 12:00 pm | α37で銀座スナップ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.