• 192月

    本屋さんで「The R Book」という本を発見。

    The R Book―データ解析環境Rの活用事例集
    岡田 昌史
    九天社 2004-05

    by G-Tools

    最初は「何の本だろう?」と思ったんですが、統計解析用フリーソフト「R」の
    解説本なんですね。

    「R」は統計解析の計算や、その結果をグラフにしたりするための簡易言語です。
    線形・非線形モデルや時系列解析、判別分析、クラスタリングなどが
    ちょっとしたマクロ言語で簡単にできるなんて、便利そうですね~。

    こういうツールだけに、いろんな「ユーザー関数」もいろんなところで
    公開されてますから、自分で苦労しなくても使えるものが見つかるかも!?

    あと、Windowsはもちろん、Mac OS X版もあるのがうれしい限りです。
    いざという時に仕事で使えるようにちょっと会社のパソコンに
    インストールしてみようっと。

    ちなみに、バイナリは以下の場所にあるようです。
    [ Mac OS X版 ]
    http://gifi.stat.ucla.edu/pub/
    [ Windows版 ]
    http://r.nakama.ne.jp/

    ただ、名前が「R」だけに検索で情報を探しづらいのが欠点ですねぇ。
    とりあえず、「RjpWiki」あたりを見れば、概要がつかめるかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Book
    2005/02/19 9:11 pm | The R Book はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.