• 2112月

    今年買ってよかったものを書きましたが、当然ながら失敗だったなぁというものもありました。
    普段はこっそり返品したりお蔵入りするのですが、今年はもうちょっと大きな問題に発展したものが出てしまいました。

    まずは購入直後の故障が目立った一年でした。
    特にAccuphase P-600が爆音とともに電源が入らなくなった時はスピーカーまで壊れたかと冷や汗をかきました。
    中古の年代物だから仕方ないのですが、音がお気に入りだっただけに落胆も大きなものとなりました。
    P-600は保証がありましたが修理できないため返品になりましたし、DP-77は修理できたものの、1ヶ月近く手元を離れる形となりました。
    DP-77はメンテ済みで購入していたので、その点も含めて光学メディアのプレーヤー選びは難しいなと痛感しました。

    また返品も結構目立ちました。
    さきほどのP-600もそうですが、購入店の手違いや真贋などでの返品というのも目立ってきています。
    私も値段ばかりで決めるのではなく、できれば新品を、それも近隣あるいは実際に電話などで相談して店舗で…と思って意図的にそういうお店選びをしているのですが、実際には期待するような対応を得られないケースが多いように感じています。
    これはオーディオに限った話ではなく、取り寄せで納入時期が異常に遅かったり、商品知識がなかったり、梱包がいい加減だったりすると「それなら値段で選んだほうがよっぽどマシ」というケースも少なくない状況なのは残念です。
    リサイクルショップなどにそれらを期待しませんけど、やっぱり専門店はアドバイスして導いてくれるくらいであって欲しい気はしますが、現実には厳しいのでしょうねぇ。

    なにせテーマがテーマなのでネガティブな内容になってしまいますが、そうした中で良いお店にもいくつか出会えました。
    地域的にこれまではどうしてもネットショッピングが充実している大規模なお店にお願いしがちでしたが、今後はそうしたご縁で出会えたお店に電話相談などしながら、機材選びできれば良いかなと思います。
    ただし、来年は全体的に変動が大きな年になりそうですし、オーディオは小休止っぽくなりそうではありますけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2017/12/21 12:00 pm | 今年買って残念だったもの はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.