• 108月

    うちのMac/PC用には、安く買ったKENWOODのUSBオーディオ対応ミニコンポ
    VH7PC」が使われてるんですが、先日のスピーカー購入検討の関係も
    あって、試しにスピーカーをピュアオーディオシステムと入れ替えてみました。

    KENWOODのアンプにKEFのMODEL 303を、Accuphaseのほうに、とりあえず
    KENWOODのミニコンポ付属のスピーカーをつないだ、というわけです。
    ほんとは、AURATONEの5CTVが家のどこかにあるはずなんですけどね。(^^;

    そうすると、これがまたびっくり。
    VH7PCのアンプ部分が小音量だとA級動作するという素質の良さも
    関係しているんでしょうが、ピュアオーディオ顔負けの音が鳴るように
    なりました。

    若干のバランスの悪さは、iTunesのイコライザで補正すれば、さらに
    完璧に。
    キーボードの両脇にスピーカーを設置すれば、ディスプレイの辺りで
    好きなアーティストさんたちが演奏してくれているような気分です。

    今さら、VH7PCを見つけるのは困難でしょうけど、ONKYOから発売
    されているUSBオーディオアンプ「MA-500U」なら、価格も12000円くらいと
    かなりお安くなってて、オススメです。

    オンキヨー USBオーディオアンプ [MA‐500U(S)]
    オンキヨー USBオーディオアンプ [MA‐500U(S)]

    これにTANNOYのFUSION 1あたりを組み合わせれば、4万円もせずに
    オーディオシステム並みのPCサウンド環境が整います。

    TANNOY FUSION1 スピーカー(ペア)
    TANNOY FUSION1 スピーカー(ペア)

    うちもKEFかAuratone、あるいは新規購入予定のTANNOY、CELESTION
    あたりとVH7PCで、本格構築するつもりです。

    Filed under: Audio
    2005/08/10 8:19 pm | USBオーディオアンプのススメ はコメントを受け付けていません

Comments are closed.