• 0311月

    TRIODEから新しい真空管プリメインアンプ「Ruby」が発売されるそうで。

    見た目はこれまでのトライオードの製品を踏襲した感じですが、大きさがずいぶん小さいんですね。
    W188×H130×D175mmで重さも4.7kgですから、現行のMac miniよりも設置面積は小さいことになります。
    メーカーとしては女性ユーザーの使用を意識したんだそうですが、その感覚はイマイチ分からないものの、コンパクトなのは良いですね。

    真空管は出力管に6BQ5を使ったシングルアンプで、前段には12AX7を使った、わりとオーソドックスな構成っぽい印象です。
    また、ヘッドフォン出力もオペアンプで別構成にせず、真空管回路を経由しているそうです。
    定格出力は3W×2(8Ω)でトランジスタアンプに慣れた身には小さく感じますが、通常の音楽再生には十分なパワーでしょう。

    そしてお値段もちゃんとコンパクトに6万円前後というのがうれしいところです。
    以前、安い真空管アンプを探したことがありましたが、これなら候補に入る方も多いんじゃないかな。
    真空管も定番ものなので、良い球を探して交換して楽しむ母体にも良さそうな感じです。

    Filed under: Audio
    2012/11/03 7:00 pm | TRIODE Ruby はコメントを受け付けていません

Comments are closed.