• 059月

    そろそろ秋のオーディオイベントが多くなってくる時期ですが、10/11〜13に「The hi-end show TOKYO 2013」が開催されるそうで。

    場所は有楽町の東京交通会館12Fイベントホールで、入場無料とのこと。
    参加企業を見てみるとトライオードやDYNAUDIO JAPAN、オンキヨーなどの名前が並んでますが、ちょっとブランド的には率直に言ってコマ不足な印象も…。
    個人的にはDYNAUDIOやSIMAUDIO、ATOLL、それにコニシス研究所の扱うmicromegaなど、気になるブランドが多いのですけど、メジャーとは言いづらいかも。

    面白いところでは香川大学工学部というのもあって、ここは「光アンプ」というのを出展するんだとか。
    LEDとフォトダイオードだけで構成される「ダイスター」という増幅素子を使ったものらしいのですけど、これは初耳です。
    岡本研正教授という方の発明のようですが、ここの研究室はイカ釣り船のLED照明なども手がけていて、面白い研究を色々されていますね。
    この素子を使うメリットとしてはノイズが約1/1000になるとのことですが、比較対象は通常のトランジスターアンプでしょうか。
    なんとなく歪みは増えそうな気もしますけど、製品はお店でも見られますがこういうのは展示会ならではだと思いますし、興味のある方は行ってみると面白いかと。

    私のほうは今月は出張が入ってるものの、10月は今のところ予定がないんですよねぇ。
    11/21〜22は「The Microsoft Conference 2013」があるので、これに行ってみようかなぁと思ってますが、そっちもまだ未定といった感じです。
    出張が続くと地元のほうが良いなと思いますけど、2ヶ月に一度くらいのペースで入るのが理想化もしれません。

    Filed under: Audio
    2013/09/05 12:00 pm | The hi-end show TOKYO 2013 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.