• 228月

    メーカーからの公式発表はまだですが、どうやらPanasonicが以前展開していたオーディオブランド「Technics」が復活するという噂が出ています。
    日本経済新聞によると400~500万円の高級システムや40万円ほどのコンポを発売するのでは!?と言われてるそうです。

    少し前にもPanasonicでUSBパワーコンディショナーやインシュレーター、ケーブルを付けたミニコンポを出していましたし、たしかにその流れはあるのだろうなとうっすら感じていたところです。
    三菱がDIATONE復活で(元々のスピーカーとはちょっと違うけれど)意外と上手く行っているのも後押しになってるのかもしれません。

    この話自体はまだ確定的ではないですので、それ以上掘り下げようがないですし、私のTechnicsに対する思い出話でもしてお茶を濁そうかと。
    一般的なテクニクスの銘機たちは「オーディオの足跡」さんのTechnicsのコーナーにお任せするとして、購入にいちばん近かったのはSB-M1というスピーカーですね。
    平面振動板とその価格的な安さもあって、わざわざ福岡のショールームまで聴きに行ったのを覚えています。

    次に購入しそうになったというと、こちらはテクニクスの銘機として代表選手でもあるターンテーブルのSP-10mk3です。
    展示処分だかでだいぶ安くなっていたんですけども、トーンアームとかも必要ですし、時はもうCD全盛時代でしたから買い逃してしまいました。
    今でも欲しいか?と言われると、むしろベルトドライブのほうが欲しい気がするから、見送って正解だったのかもしれませんが、銘機であることは間違いありません。

    あと記憶に強く残っているのは友人が買ったSL-P1200とか、プリアンプのくせに超弩級のSU-A2辺りでしょうか。
    感覚的には力の入ってる機種とそうでないのに結構な差があって、フラグシップモデルのほうが意外とお買い得という印象があったかな。
    復活した際のTechnicsが当時のようなものになるのかどうかはまだ分かりませんが、やるならぜひ本気で取り組んでもらいたいなと思います。

    Filed under: Audio
    2014/08/22 12:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • StraySheep Says:

    Technicsは懐かしいです。中学生の頃、実家に有ったのがTechnicsの「ザ・スペース」で、ヘッドフォンも「EAH-T4」を持ってました。

  • MacBS Says:

    StraySheepさん、コメントありがとうございます。

    私は結局、Technicsで実際に買ったのはほぼ皆無でした。
    オングロームというカセットテープは結構気に入って使ってましたが、あれはNationalでしたし。
    コンサイスコンポなども一世を風靡しましたね。