• 221月

    デジタルアンプで面白いものは出てないかなぁと調べていたら、山本音響工芸さんからアンプ内蔵スピーカー「Sound Box Y-1」というのが出ているのを見つけました。

    8cmフルレンジ2本が左右に収まっていて昔のラジカセっぽいデザインですが、樺合板の美しい木の箱はさすがという感じです。
    かつてのiPod Hi-Fiを思い出したりもしましたが。

    アンプ部分はまさにデジタルアンプで、出力は2Wだとか。
    もう一つの特徴は電源がデフォルトでは単3電池3本という点。
    これでもアルカリ電池で小音量なら30時間ほど、最大出力でも1時間半くらい動作するそうです。
    5VのDC入力端子も用意されてるので、良質なACアダプタで楽しむのも良いかも。
    なお、アンプ自体は3〜5Vの範囲で動作可能だそうです。

    山本音響工芸さんは随分昔にどこからの展示会(オーディオフェアだったかなぁ)で試聴室でわりと長時間聴かせてもらった記憶があります。
    いつも短気な私が、あれだけ長く試聴したのはONKYOのGS-1と山本音響工芸さんくらいかも。
    スピーカーのウッドホーンも素晴らしいし、なにより試聴室の音のまとめ方が好きだったんですよね。
    他のメーカーさんは「うちの製品は良いだろ」という押し売りな音出しをしてましたが、ここはほんとにくつろげる音を奏でていて和みました。

    最近またオーディオ熱が戻ってきてるし、久しぶりにオーディオのイベントとかにも行ってみたいなぁ。
    今はオーディオフェアは「オーディオ&ホームシアター展TOKYO」という名前なのかな。
    九州インポートオーディオフェアも終わったばかりのようですし、しばらくはあまり大きなものはないようですが、秋葉原でお店を覗いてみるだけでも良いかも。
    以前よく行ってたヤマギワ本店はないから、テレオンかダイナミックオーディオあたりかな。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/01/22 12:00 pm | Sound Box Y-1 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.