• 156月

    Pro-Ject AudioからUSB-DAC付きヘッドフォンアンプ「Head Box DS」が発売になったようで。

    24bit/192kHzまで対応のUSB-DACを搭載したヘッドフォンアンプで、それ自体は他にもたくさん出てますけど、アナログ入力や光・同軸デジタル入力もある点が良さそうです。
    DACチップはシーラス・ロジックのCS4344ということで高級なものというわけではないですけどね。
    Pro-Jectの製品は結構当たり外れが激しい印象があるんですが、これはどうでしょうか。

    なお電源はACアダプタ使用ですが、海外サイトを見ると18V1000mAという記載も見かけましたが、国内の公式サイトにはDC18V 0.66Aとなっています。
    前回もたしか電圧を間違えてたし、どっちが正しいかは微妙ですねぇ。

    また、同時に下位モデルの「Head Box S USB」も出ています。
    前者は通常のPro-Jectの二つ分の厚みですけど、こちらは通常サイズ(といっても他メーカーよりはずいぶん小さいけど)です。
    こちらもRCAアナログ入力がありますが、デジタル入力はUSB 1.1のみです。
    DACもPCM2702Eになってるので、こっちはハイレゾには非対応ですね。
    こちらの電源も海外では18V500mAとなってますが、国内はDC18V 0.66Aです。
    消費電力としてはHead Box DSが500mA、S USBが100mAらしいので、国内向けは違うACアダプタを用意して付けているのかもしれません。

    Filed under: Audio
    2013/06/15 7:00 pm | Pro-Ject Audio Head Box DS はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.