• 255月

    これまでナスペックが取り扱ってきたPro-Ject Audioの輸入代理店が、6/1にD&Mに移管されるそうで。

    Pro-JectというとBOXタイプのコンポが人気を博したのですが、それ以上にトーンアームも含めたアナログオーディオ機器で実績のあるブランドという印象です。
    D&Mが現在輸入しているのは以下のブランドで、アナログ系が弱いところを強化したいという思惑もあるのかも。

    audioquest
    Bowers & Wilkins
    CLASSE
    DALI
    KIMBER KABLE
    MUSIC TOOLS

    引き継ぎなどで場合によってはトラブルが起きることも多い代理店移管ですけど、両者とも古くからの輸入代理店ですし、おそらくスムーズにおこなわれることでしょう。
    変化があるとしたら希望小売価格の変動くらいでしょうか。
    D&Mは為替換算とさほど変わらない価格で出してくることが多い印象なので、若干値下げされる可能性もあるかも。
    特にアナログオーディオに注力しようという観点なら、なおさらかもしれませんね。
    ただ本元のDENONとは製品層が重なる部分(とりわけ価格面)もあるはずで、その点をどのように位置づけていくのかも興味深いところです。

    Filed under: Audio
    2017/05/25 12:00 pm | Pro-Ject Audioの代理店移管 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.