• 173月

    OlasonicのNANOCOMPOシリーズ初のネットワークプレーヤー「NANO-NP1」がいよいよ本日発売となるそうで。

    なお発売ギリギリになって、「ネイティブモード」が搭載されたという発表がありました。
    これまでの発表ではデジタル出力は常時アップサンプリングされる仕様だったのですが、ネイティブモードをオンにすると音源のサンプリングレートのまま出力されるんだとか。
    ネイティブモードの切り替えがどこに付いたかはまだ分かりませんが、これまでサンプリング周波数設定だった背面のスイッチに付くのか、もしくはCD1の縦置き設定みたいに電源ボタン長押しとかかな?

    いずれにしてもNANO-NP1のアップサンプリングはASRC搭載でやっているので、実際にはASRCを通したほうがジッターは減るし、楽曲ごとにサンプリングレートが変わってDACリレーが働く心配がないのでメリットのほうが多いんでしょうけどね。
    ただ気分的にやっぱりノンアップサンプリングにもできるようにしてほしいというニーズが多かったのかもしれません。

    あとはコントロールアプリ「ナノコントローラー」ですが、予約投稿でこれを書いている時点ではまだ公開されていないようです。
    製品ページにはiOS版は「近日中」、Android版は「現在開発を進めております」となっています。
    iOSはすでにApp Storeに申請済みと思われますが、Androidで使いたい方はもう少し待つ必要があるかもしれません。
    ただ、既存のUPnP対応コントローラーで操作可能だそうで、Olasonicさんのほうで以下のアプリでの動作確認をされてるそうですから、まずはこれで代用するのが良いでしょう。

    iOS版(iPhone/iPod/iPad用):
    ・Marantz Remote App (無償)
    ・PlugPlayer (有償)
    Android:
    ・BubbleUPnP (無償)

    私も最近はPCの傍ではなく、ソファで音楽をのんびり聴くことが増えましたし、すぐにというわけにはいきませんが、ネットワークプレーヤーは導入を検討しています。
    とりわけNANO-NP1はデジタル出力に徹したシンプル・コンパクトさで、手持ちのUSB-DACも活かせる仕様で有力候補だなと思ってるところです。

    Filed under: Audio
    2014/03/17 12:00 pm | Olasonic NANO-NP1、本日発売 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.