• 299月

    イタリアのオーディオブランド、North Star Designから新しいDSDネイティブ対応のUSB-DAC「Excelsio」が10/1に発売になるそうで。

    少し前にもDSD対応モデル「Impulso」が出ましたけど、今回のはそれの上位モデルという位置づけのようです。
    主なスペック上の違いはDACにES9018(ImpulsoはES9016)を採用したところでしょうか。
    実際にはそれよりも電源部でアナログ/デジタルセクション別々にトロイダルトランスを用意したあたりで違いがありそうですが。

    Impulsoで装備していたISO7640は健在で、かなり徹底してPCとのアイソレーションに注力しているようです。
    この点ではUSB-DACよりもネットワークプレーヤーのほうが有利かなぁとも思うのですが、実際の製品を聴いてみると操作や機器構成の面倒さをカバーするほど、大きくリードしてる印象がないんですよね。
    それもこうしたノイズ対策を各社頑張ってくれているから、というのもあるのでしょう。

    ノーススターデザインはこれまでのモデルもそうでしたが、入力端子が充実しているのも特徴です。
    今回のモデルもRCA同軸と光がそれぞれ2系統、XLRが1系統、それにUSBとI2Sと、手持ちの機材をまとめて繋げそうです。
    うちで使ってるATOLLのDAC100もRCA同軸と光がそれぞれ3系統あって、かなり多いほうですけどね。
    なお、I2Sは同社のCDトランスポートからの入力のみを想定していますが、DSDのためにもここをなんとか規格化できないかなぁ。
    I2S自体は元々、内部での引き回し用ですし、HDMIは規格上は1.2くらいからDSDが扱えるようですから、これを業界標準にしてくれたらなぁと思っています。

    Filed under: Audio
    2013/09/29 7:00 pm | North Star Design Excelsio はコメントを受け付けていません

Comments are closed.