• 161月

    LUXMANのUSB-DAC「DA-06」ですが、オーディオ店での予約が始まってるようで。

    発売日は3月と好評されていたかと思いますが、お店によっては「2013年2月」や「2月下旬」と掲載されているとのこともありますね。
    公式サイトにはまだ商品ページもない状態ですし、そもそもスペックもちゃんと分からない状態ですが…。

    今のところ分かっているのは「32bitプロセッシングユニット」搭載で、PCMは同軸、光、AES/EBU、USBともに24bit/192kHzまで、DSDはUSBのみで5.64MHzまでの対応ということだけです。
    既発売のSACDプレーヤーはPCM1792Aを搭載ですが、わかってる範囲の情報から推測するとPCM1795を採用しているのかも。
    TEACのUD-501も採用しているチップですが、こちらも結構評判が良いようですし、ラックスマン流のチューニングにも期待ということでしょうか。

    DSDに関しては私も興味がありますが、実際には音源そのものがまだまだ少ないですからねぇ。
    そういう意味ではSACDプレーヤーのほうが最近は興味があるかも。
    プレーヤーもなんらかの規格を統一してもらって、外部のDACに出せるようになれば完璧なんですけど…。
    当面はFLACによるハイレゾ音源配信のほうがまだ期待できるかな。

    そういえば、music.jpでもハイレゾ音源の配信が始まるんだそうで。
    24bit/44.1kHzや96kHz、192kHzといったファイルをFLAC形式で配信とのこと。
    FLACということは当然、DRMフリーでしょう。
    お値段は通常のCDと同じくらいの価格ではありますが、いろんな音源が増えてくれば良いなぁと思っています。

    Filed under: Audio
    2013/01/16 12:00 pm | LUXMAN DA-06、予約開始 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.