• 2812月

    私も愛用しているポータブルアンプなどのメーカーiBassoが日本の輸入元、ヒビノと共同でポータブルオーディオプレーヤーを出すそうで。

    「HDP-R10」というこのモデル、2012年春に発売予定でOSにはAndroidを採用とか。
    非圧縮形式や192kHz/24bitのハイレゾ音源にも対応するそうです。
    少し前に本家のiBassoで発表になっていた「DX100」と同じものなのかは不明ですが、似た内容なのは間違いないようです。

    ただ、DX100のほうは年内にも発売かも!?なんて情報も流れてましたが、まだまだ出る予定はないようです。
    これも春と言いつつ、発売が延期される可能性も結構ありそうですねぇ。
    FiiOのX3も結局、発売中になりましたし…。

    ただ、国内を見てもこういう路線のプレーヤーが少ないというのが実情です。
    いちばん近いのはSONYのNW-Z1000シリーズでしょうか。
    先日の出張あたりがちょうど発売日近辺だったようで、どこのお店もたくさん展示してありました。
    結構、ハングしてる展示機もありましたけどね。
    外部メモリが使えないというのがやや欠点ではありますが、面白い機種だとは思います。

    Playstation Vitaもなかなか音質が良いという評判のようですが、こちらはメモリカードが特殊ですからねぇ。
    希望の選択肢がなくて困る現状ですが、今回のiBassoなどに刺激を受けて、どれにしようか悩むくらい、いろんな機種が出てきてくれたら良いなぁと思います。

    Filed under: Audio
    2011/12/28 12:00 pm | iBassoのオーディオプレーヤー はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.