• 1512月

    本屋さんで「HEADPHONE BOOK 2008」というムックを見つけました。

    4861710367 ヘッドフォンブック 2008―音楽ファンのための厳選ヘッドフォン132モデル徹底ガイド (2008) (CDジャーナルムック)
    音楽出版社 2007-12

    by G-Tools

    最近は家で音量を大きく出来ないとか、ポータブルプレーヤーの
    普及などもあって、スピーカーよりヘッドフォンで音楽を楽しむ人が
    増えているのかもしれません。

    そんな中、ヘッドフォンを一堂に集めて紹介した本というのは
    意外と少なかったかも。

    タイプ別に全部で132機種が紹介されていますが、あまり詳細な
    音質比較tというよりも、大体の特徴を示してくれている、といった
    感じです。

    あと、ミュージシャンやDJのヘッドフォンへのこだわりということで、
    土岐麻子さんも登場してますので、そちらもファンの方は必見かと。

    土岐さんといえば、「りんごの子守唄(白盤)」にも参加されてるそうで、
    そっちも気になってるんですけどね。

    B000WC7IZ6 Apple of our eye りんごの子守唄(白盤)
    オムニバス 蔡忠浩+アン・サリー 曽我部恵一+小池光子
    ビデオアーツ・ミュージック 2007-11-21

    by G-Tools

    まぁ、それはさておき、個人的にはヘッドフォンの音場というのは
    あまり好きではありません。
    どうやっても普通の音源では、頭の真ん中で鳴ってるような感じに
    なりますからね。

    それを下手にいじろうとした製品は、音質が破綻してるものが
    大半ですし…。

    と言いつつ、私も色々とヘッドホンは使ってきましたが、今までで
    一番好みの音質だったのは、NakamichiのSP-7という製品でした。
    今はもう壊れちゃったんですけどねぇ。

    今は主にAKGのK12Pを通勤で使ってますが、これはまぁ、CP比が
    高いのと、下手なクセ付けがないので、耳にクセがつかないっていう
    点が選んだポイントですね。

    一見、音が良さそうなヘッドホンでも、クセが強く、スピーカーで
    聴いた時に、「あれ?音のバランス、これで良かったっけ?」と
    なるようなイヤホンが結構あります。
    そういうのは、できるだけ避けたいなぁというのがあります。

    音質面でスピーカーを超越した存在といえるのは、スタックスの
    イヤースピーカーくらいでしょう。


    STAX SRS-2050A イヤースピーカー&ドライバーユニットセット

    あれは真に素晴らしい繊細さを持った製品だと思います。
    専用のドライブユニットが必要など、不便なところが目立ちますが、
    スピーカーが使えない環境の方には自信を持ってオススメできます。

    なにはともあれ、ヘッドホンを探してる方は、一度、この本にも
    目を通してみると、意外なブランドの、意外な発見があるかも
    しれません。

    Filed under: Audio
    2007/12/15 10:03 pm | HEADPHONE BOOK 2008 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.