• 164月

    やじうまwatchを見ていたら、GOLDMUNDのユニバーサルプレーヤー
    「GOLDMUND Eidos 20」の中身が、ほとんどPioneerの格安プレーヤー
    「Pioneer DV-600」と同じだ、という情報が、下のサイトで紹介
    されているそうで。
    http://homepage1.nifty.com/iberia/column_audio_goldmund.htm


    Pioneer DV-600AV DVD/SACD/CDプレーヤー

    これまでもWADIAがESOTERICのドライブを使ったり、Accuphaseが
    SONYのドライブだったり、といったことはありましたが、さすがに
    ここまでそっくり同じなのは珍しいですね。

    オーディオマニアとしては、たとえドライブや回路が同じでも
    電源部が違うだけで、音は全く別物になることは承知しています。
    とはいえ、ベース機があまりに安すぎるのが、ちょっとねぇ。

    正直、GOLDMUNDに関しては、この件がある以前から、個人的には
    あまり所有欲をそそられませんでした。
    というのも、いつも回路構成がシンプルすぎるんですよ。
    ぶっちゃけて言えば、「もっと安く出せるはず」だと感じちゃうんですよね。

    噂ですが、GOLDMUNDは中東の富豪向けにカスタム製品を製造
    していて、それは市販品よりもさらに高いお値段なんだとか。
    ちょっと成金趣味的な要素が強いメーカー、といえるのかも。

    ただ、オーディオというのは聴いてみないとわからない世界
    でもあるんです。
    ですから、単純に同じ基板だから…、と考えてしまうのもダメ
    ではあるんですけどねぇ。

    とはいえ、どうせ同じような金額を出すなら、私だったら、
    専用機のWadiaや、ユニバーサルプレーヤーなら、ESOTERICあたりを
    選ぶでしょうね。


    Wadia(ワディア)Wadia581【SACDプレーヤー】


    ESOTERIC UX-1Pi ユニバーサルプレーヤー

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2008/04/16 9:03 pm | GOLDMUNDの中身はPioneer!? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.