• 273月

    機材以外のチューニングも色々やってますよ、と書いたばかりなんですけども、またまた海外のショップ「FutureShop.co.uk」で注文してみました。

    基本的にはケーブル専門店ですから、今回の注文品も当然ながらオーディオケーブルです。
    何を注文したかはまぁ届いてからのお楽しみということで。
    今回が3回目の注文になりますが、今まではだいたい4~5日くらいで到着していますが、偶然2回とも金曜日の夜(日本時間で)に注文していて、今回は多少違ったので多少の前後はあるかもしれません。

    なお、発送方法自体は同じくロイヤル・メールです。
    小物もいっしょに頼もうかなぁと思ったんですが、やっぱりそうすると重量が増えて送料が別発送よりも高くなってしまうんですよね。
    高いと言っても千円台で国内送料と大差なんですけど、400gくらいまでに抑えれば500円以下になるので、やっぱり細かく注文する形になってしまいます。

    国外発送については現地のVATは免除されて20%ほど安くなるんですが、当然ながら関税や消費税は本来対象になります。
    ただこれも少額だと簡易課税になり、購入額の60%が課税対象となるんだとか。
    さらにこの課税対象が10,000円以下は双方とも免税されるので、実質的に16,666円までは税金が掛からない形です。
    日本は消費税がもうすぐ8%になるということで買いだめもチラホラ見かけますけど、こういう海外ショップからの購入だと無関係どころか、4月以降はさらにお得という、なんだか逆行するような状況になるわけですね。

    ただ、良い面ばかりでもなく、いろんなしがらみもあるのか、買えない製品もなんとなく増えてきているような気もします。
    CHORD COMPANYの製品は代理店取り扱いのある国には出荷してもらえませんし、他のメーカーの物もいつの間にか消えたり、切り売り物なんかも以前はオプション指定できたプラグ装着がチョイスできなくなっていたりします。
    Amazon.co.ukは以前から家電製品枠の商品は日本に発送してもらえないですし、微妙な規制(?)が出てくる可能性はありそうです。

    そんなにケーブルばかり買い集めても仕方ないですし、もうそんなに欲しい物もなくなってきつつありますが、試してみたい方は「欲しい時が買い時」ということで試してみると良いかもしれません。

    Filed under: Audio
    2014/03/27 7:00 pm | FutureShopに注文 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.