• 202月

    zionoteからFIDELIXのUSBノイズフィルター「FL-HiFiUSB-zn」が直販で発売になったようで。

    主にUSB-DAC用に使うことを目的にした製品ですが、これまでに出たこの手のものとは違い、USBアイソレーターを使ったものではどうもなさそうで、サンプリング周波数制限などには触れられていません。(つまり制限なし?)
    単体動作時にはUSBバスパワー駆動になるそうで、そうなるとその先に繋がるUSB-DACもUSBバスパワー動作の場合は電流不足になったりしないのかなぁとも思いますけど、内容的にはiFI-AudioのiPurifierに近いのかも。

    iPurifierとの違いで最も大きいのは電源線遮断も可能という点でしょう。
    zionoteからは電源線遮断されたUSBケーブル「WD-USB-ORPHEUS2」が出ていますが、これとほぼ同じことが汎用のUSBケーブルで出来るわけです。
    もちろんUSB-DAC側が電源線遮断に対応できる必要がありますけど。
    また、ACアダプターもオプションで追加可能で、これと組み合わせればBusPower-Proみたいに電源のみを置き換えてしまうこともできるなど、USB周りの強化を一手に引き受けられる機材ということですね。

    直販限定ということもあり、お値段的にも9000円台とお手頃で良いのですが、一つ気になるとすればUSB-A端子が本体から直接生えているところでしょうか。
    USBメモリ的にPCなどに刺すことになると思いますが、USBメモリやケーブルと比べると周囲が少し大きいので、他の端子などと干渉する恐れがありそうです。
    延長ケーブルなどを駆使すれば回避は可能でしょうが、USB-Bのメスになったバージョンもあると良いかも。

    ちなみに私は電源線遮断は延長ケーブルで作ってありますし、電源側は安定化電源で機器に供給しています。
    ただ実際には結構手間が掛かりますし、USBバスパワー機器ではそうも行きませんから、そうした機器で使いたいケースでは非常に便利な機材かと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/02/20 7:00 pm | FIDELIX FL-HiFiUSB-zn はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.