• 011月

    ATOLLから新しいD/Aコンバーター「DAC200」が発売されたようで。

    海外ではだいぶ前に出ていたようですが、無線機能がある影響でだと思いますが国内の発売が遅れてたみたいですね。
    うちに導入したDAC100の上位機種で、DAC100のほうもUSB入力が96kHzまでに強化されたDAC100SEが近々発売のはずです。

    DAC200はDACチップがPCM1792(DAC100はPCM1796)になり、AESデジタル入力やバランスのアナログ出力、ヘッドフォン出力などが追加になってます。
    USB入力もアシンクロナスの24bit/192kHzまでの本格的なものになりました。
    また、ボリュームが付いたので、簡易的なデジタルプリアンプのような使い方も可能でしょうね。

    あとはやはり無線機能が大きなポイントでしょうか。
    ATOLLではアンプ用にもあとで追加できる無線機能のボードを出してますが、それと同等と思われるワイヤレス受信機能を持ってるようです。
    また送信用のドングルも付属するそうで、こちらは良くあるUSBの無線LANアダプタのようなデザインのものみたいです。
    iPod Dock用のも別売りで用意されてるようですが、本体のAirPlayとかでないと訴求力は弱いかなぁ。

    お値段は10万円台後半と、やっぱりそれなりの価格になるようです。
    ただ、入力端子も豊富ですし、PCオーディオ機器として、手持ちのCDプレーヤーの強化に良いかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2013/01/01 12:00 pm | ATOLL DAC200 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.