• 0910月

    音茶楽と茶楽音人を販売しているTTRが新たなイヤフォン機構「A.I.R.」を共同開発したそうで。

    「A.I.R.」は「Acoustic internal-pressure regulator」の略だそうで、現状のダイナミック型ユニットでは全面と後面の両方の密閉度が高くなるために、f0が上がったり、筐体内の音の反響が増えて広がりに欠けるものになるのを抑えるものだとか。
    構造としてはユニットの前面と背面を一定の音響抵抗をもって繋ぐことで、背圧を下げて、そうした欠点を解消しているんだそうです。

    単純に見るとバフレフやバックロードホーンみたいな構造でもあるわけで、低域の強化にもおそらくつながるのではないでしょうか。
    これまでもカナル型でありつつ、オープンエアのような音の広がりを持った特徴がさらに強化されていそうですし、こちらに頼る分、遮音性は高められている可能性もありそうです。

    この「A.I.R」を使った試聴機は10/24〜25に中野サンプラザで開催の「秋のヘッドフォン祭 2015」で展示されるとのこと。
    これにはこの「A.I.R」だけでなく、トルネード・イコライザー、アコースティック・ターボ回路といった同ブランドの技術が集結してるそうですし、また一歩進んだ音茶楽/茶楽音人らしいサウンドが楽しめそうです。
    製品化はもうちょっと先になるのかもしれませんが、ヘッドフォン祭に行ける方はぜひ試聴されてみてはいかがでしょうか。

    Filed under: Audio
    2015/10/09 7:00 pm | 音茶楽 A.I.R. はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.