• 193月

    甦る! 究極のヴィンテージオーディオ第1弾 JBL PARAGON」というムックが4/18に発売になるそうで。

    最近流行りの付録付きだったりするんですけど、ちょっと毛色が違っていて、パラゴンのペーパークラフトが付いてくるんだとか。
    先日もステレオサウンド誌からiPhoneを置くタイプのが出て即完売してましたが、こっちは、マイクロスピーカーユニットとケーブルも付いていて、実際にスピーカーとして音を出すことができます。
    なにしろ小さなユニットなので、実用性は期待しないほうが良いでしょうけど。

    なお、このMOOKシリーズでは「製品=作品に次々スポットを当て、一時代を築いた魅力の源泉に迫ってゆく」そうで、今後もシリーズ化を考えているようです。
    中身はLXA-OT3だけど、ペーパークラフトが外観はSQ-38FDとかだったら結構な人気になるかもしれませんね。

    本誌のほうの目次は以下のとおりです。

    [目次]
    ●パラゴン知る、歴史を辿るー歴史的背景
    ●パラゴンを語る
    ●パラゴンを作るー付録ペーパークラフトを図解で紹介
    ●パラゴンが聴ける店

    最後の「パラゴンが聴ける店」というと、私が唯一聴いたことがあるのは湯布院の「あーでん」という喫茶店です。
    オーディオショップの方がだいぶ手を入れていて、純粋なオリジナルではないようなことを店主の方が仰ってましたが、それだけに状態の良いサウンドが楽しめた記憶があります。
    そもそもArdenというとJBLじゃなくTANNOYの銘機ですが、RHRもあるようです。
    ただし、RHRで聴きたい場合には「ご来店1時間前までにお電話にてご予約ください」とのことです。

    もちろん、オーディオを始めたばかりの頃はまだ店頭にも置いてあるショップがありましたし、自宅でもJBL 4344を使っていたこともあります。
    またJBLを使うかと言われると微妙ですが、今のモデルもなんとなく安心感のあるサウンドに感じるのはやっぱり昔使っていたから、というのもあるのでしょうね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2015/03/19 7:00 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    今日は!

    私はもっぱらヴィンテージラジオです(^^ゞもうじきドイツからの落札品が届きますので、オモチャだらけになりますが、処理が追い付きません(汗)

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    拝見していますと、ラジオの収集度合いは凄まじいものがありますね。
    海外通販はすでに手を出していますが、eBayは手を出さないようにしようと思ってます。

  • shigechan Says:

    今日は。

    流石に全部手元には置けませんので。色違いのシリーズものなどは整備してオークションへ出そうと思っています。T-13と言うラジオは部品交換しないとダメでしたが、あれくらい古いものが蘇ると結構うれしいです。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    私もカメラはだいぶオークションに出して整理しようと思ってるところです。
    反面、以前ご指導いただいた耐水性の高そうなブツはまた追加しちゃったんですけどね…。