• 068月

    上海問屋の新製品追加を最近こまめにチェックしていますが、スピーカーケーブル「DN-81099」が追加になってるのを見つけました。

    まるで高級なRCAケーブルみたいなデザインですが、さらに一捻りあって、先端を用途に応じてバナナプラグとYラグにネジで付け替えできる構造になっています。
    バナナプラグはスピーカーやアンプの変更がしやすいというのもあって、最近気になっていたところだったんですよね。
    ただ、付け替え構造というのは接点が無駄に増えるような印象で、ちょっとどうかなぁという気もしますが、アンプによってはバナナプラグに非対応のものもありますから、その点では良いのでしょうね。
    できればLXA-OT1みたいにYラグにも対応してない機種にも対応できるような先端もチョイスできたら完璧だったかも。
    なお、線材は99.95%銅で構成されたOFC線だそうで、2.5mのが2本のようでうs.

    以前出たものでは「DNSB-69768」のようにケーブル部分がOrtofonの「7NX-SPK 4000Q」を使ったものもありますが、それならそもそものオルトフォンのを買ったほうが安心のような…。
    こっちのほうはバナナプラグかYラグを選択するタイプですし。
    また、バナナプラグも結構種類が出ていて、こっちも気になります。
    「DNSB-SACC-GYSBNNP」あたりが高級感もあって良さそうですが、明後日の出張で時間が取れれば、千石通商さんあたりで見てきたいなぁと思ってるところです。

    Filed under: Audio
    2012/08/06 12:00 pm | 上海問屋のスピーカーケーブル はコメントを受け付けていません

Comments are closed.