• 247月

    「マンガ版 オーディオ電気数学: 基礎からわかるアンプの設計・製作入門」というオーディオ入門書(?)が8/20に発売になるそうで。

    一応はオーディオ入門書という扱いになってますけど、実際にはマンガで学ぶ電気回路に関わる数学という感じで、相当狭いターゲットに向けた本だなぁと。
    以下のような内容の章立てを見ても、興味本位で手にとって読み進められるのかというとちょっと疑問が…。

    第1章 「自然数から虚数まで」
    第2章 「マクローリン展開」
    第3章 「オイラーの公式とフーリエ級数」
    第4章 「スピーカーネットワーク」
    第5章 「受動素子」(コンデンサー・コイル・抵抗)
    第6章 「真空管の原理」
    第7章 「半導体の基礎」
    第8章 「半導体素子の動作原理」
    第9章 「アンプの基礎」
    第10章 「ヘッドホンアンプの設計・製作」
    第11章 「パワーアンプの設計・製作」
    第12章 「セッティングの基本」

    雰囲気的に電気回路の基礎は分かってる上で…という流れのような印象ですけど、それにしては後半に半導体の動作原理とかあって見てみないと良くわからないですね。
    ただ、著者は電子メーカー勤務の現役エンジニアだそうで、すでにマンガでない電源設計の本を出されてるようですから、それなりにしっかりした本かと。
    ちなみにマンガの部分は娘さんが描かれているようです。

    オーディオをやっていても回路のことはさっぱり…という方も多いでしょうし、マンガで気軽に学んでみるのは良いのかも。
    夏休みの教材としてはちょっと発売が遅いですけど、頭の体操にも良さそうです。

    Filed under: Audio
    2013/07/24 9:00 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    オイラーの公式とフーリエ級数を漫画でですかぁ(汗)

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    マンガで理解しやすくなるものでもなさそうですけどね。
    ただ、今時の電気工学系の大学生の教材には良いのかもしれません。