• 1312月

    今日の夜23時からBShiで放映される「エジソンの玉手箱」に
    オーディオ評論家としても有名な菅野沖彦氏が出演されるそうで。
    http://www.phileweb.com/news/audio/200712/13/7672.html

    菅野氏といえば、「レコード演奏家」という言葉を生み出した方でもあり、
    オーディオ好きなら名前を知らない方はいらっしゃらないでしょう。

    新レコード演奏家論 (SS選書) 新レコード演奏家論 (SS選書)
    菅野 沖彦

    by G-Tools

    また、フリーの録音制作家でもあり、今回はそんなレコードの録音に
    ついて語られるようです。

    クラシックはショルティ指揮の「ニーベルングの指輪」、ジャズは
    ジャズ・メッセンジャーズの「モーニン」が取り上げられるそうです。

    B000GUK6TY モーニン+2
    アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
    EMIミュージック・ジャパン 2006-09-20

    by G-Tools

    どちらも古い録音ですが、演奏も録音もレベルの高い作品として
    有名ですね。
    こういうディスクこそ、SACD化していってほしいものです。

    さきほど、紗羅に録画をお願いしたので、明日にでもじっくり観ようと
    思います。

    Filed under: Audio
    2007/12/13 10:33 pm | エジソンの玉手箱に菅野氏 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.