• 1412月

    富士フイルムから、35mmリバーサルフィルム「Velvia 50」が12/16に
    再デビューすることになったそうで。


    フジクローム ベルビア50 プロフェッショナル 36枚 単品
    (VELVIA50 36EX1)

    この銀塩の厳しい状況の中で、しかも感度50という瀕死状態の
    低感度フィルムを出してくるとは、面白いことをやるもんです。

    従来のものを販売し続けるには、環境面での配慮などもあって、
    一旦は休止せざるを得なかったのだと思います。
    ですから、以前と同じものではなく、あくまでも「生まれ変わった」
    ベルビア50だろうと推測しています。

    とはいえ、あの圧倒的な彩度とシャープネス、そしてRMS粒状度が
    9という、微粒子画質。
    まぁ、微粒子さだけなら、最近はVelvia100Fあたりのほうが性能は
    上みたいですが。

    増感も+1絞りまで耐性があるようですから、わりと扱いやすそうです。
    F1.2のレンズとかで、ぜひ試してみたいなぁ。


    《中古》Nikon Ai-S Nikkor 50mm F1.2

    カメラでいうと、KONICA HEXARあたりには、もってこいでしょうね。


    《中古》Konica HEXAR (シルバー)

    ちなみに、私は以前、EOS-1をメインで使っていた頃は、フィルムは
    ほとんどエクター25を使っていました。
    もちろん、現像もプリントもエクター仕上げで。
    プリントが仕上がるまで、最長2週間近くかかってましたねぇ。

    今はお値段もかかるし、そんな無茶はできませんし、フィルム自体、
    もうありませんが、低感度のフィルムがまだ生き残ってくれるのは
    銀塩ファンとしては、うれしい限りです。

    Filed under: Photo
    2007/12/14 8:57 pm | Velvia 50 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.