• 0512月

    発売が間近に迫ったStereo 1月号付録のLUXMAN監修アンプ「LXA-OT3」(いや、ホントはこっちが付録なんですが)ですが、かなり売れ行き好調のようで一時期Amazonで予約できない状況に。
    ただ、ここに来て確保できたのか、はたまた増産(?)したのか、Amazonで購入できるようになってたので紹介しておこうかと。
    #ブログ経由でたくさん予約してくださった方々、ありがとうございます。

    LXA-OT3のスペックや2年前のLXA-OT1との違いは以前のエントリーを見ていただくとして、LXA-OT1を愛用していた者としていくつかポイントを。
    まずは購入についてですけど、OT1の時はとにかく評判が高すぎて買えないという方がたくさん。
    クリスマスくらいまではまだそこまでではなかったんですが、年末年始にはもうダメでしたね。
    別にネット予約しなくても…という方も多いかと思いますけど、実店舗で買うなら発売日(19日前後)に立ち寄って購入されるのをオススメします。
    あと、その時もそうでしたがなぜかTSUTAYAは在庫豊富でしたし、他の店舗からの融通もしてもらえたようです。
    なお、前回から追加された情報としてはゲインはLXA-OT1と同じ26dBで、改造によるゲイン変更も可能だそうです。

    そして使い方については、液晶テレビに使うのが結構オススメ。
    デジタルアンプということもあって消費電力も少ないので、付けっぱなしでもほぼ問題ないですし。
    逆にPCで使ってみたい、というのであれば、DigiFiの次号(No.13、2月発売予定)にOlasonic謹製のUSB-DAC搭載アンプが付いてくるという伏兵(?)がいるので、それも念頭に置いておいたほうが良いかも。
    こちらの情報は現在発売中のNo.12に載っていますが、基本的にはNo.7に付属していたものを踏襲しつつ、本体側にボタン式のボリュームが付くとのこと。
    ただお値段は今回のStereo誌同様、前回のアンプよりは高めになるみたいですけどね。

    Filed under: Audio
    2013/12/05 7:00 pm | もうすぐ発売のLXA-OT3とOlasonic x DigiFi はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.