• 245月

    [N]ネタフルさん経由、笑bizさんより。

    大リーグの試合中継で、バッターボックス後ろの広告看板がコロコロと
    変わってるのをご存じでしょうか?
    アメリカなのに日本の広告がいっぱいで「変だなぁ」とは思ってたんですが、
    あの広告、実は合成で表示されてるんだそうで。
    http://www.sakakazu.jp/mio/showbiz/archives/ad/20050524sportvision.html

    一応、画像処理を生業にする身としては、気づけなかったのは恥ずかしい限り。
    でも、それだけ良くできてるってことですね。(言い訳)

    Sportvisionという会社の「1st & Ten」という技術を使っているようで、
    元々はフットボールの黄色いラインを合成表示するために開発されたみたい。

    基本的には、本来の看板の緑色を広告に置き換えてるわけですが、
    クロマキーでもあるまいし、そんなに単純にうまくいくわけがないんですよね。

    なんでも、試合当日にSportvisionの専門部隊がコンピュータを積み込んだ
    バンでやってきて、看板部分やフィールドの芝、選手や審判のユニフォームの
    色などを登録する作業をやっているんだとか。

    ただ、私の経験からいけば、それでもまだまだ、あんなにうまくいくわけはないので、
    おそらく、カメラの位置情報から空間認識したり、動体認識による誤検出削減
    なども、やってるように推測できます。

    今度もし見る機会があったら、合成ミスを粗探ししながら見てみるのも良いかも
    しれません。

    Filed under: 雑学
    2005/05/24 9:36 pm | バッターボックス後ろの広告は合成だった! はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.