• 0510月

    先日当選したヤマト運輸主催のファミリーコンサート「音楽宅急便」が地元で開催されたので、紗羅と二人で行って来ました。

    まずは紗羅と待ち合わせて、イタリアントマトで夕食。
    ほんとはカレーやさんに行こうかと思ったんですが、閉まってたんですよねぇ。

    失礼ながら代打となったイタトマでしたが、なかなか良い感じでした。
    コンサートとかの用事がなくても、たまにはこうやって待ち合わせて外食するのも良いかも。
    今度はカレーやさんが開いてる時にね。

    で、その後はコンサート会場に移動です。
    大分市内には大きなものでは2つの会場があるんですが、その中の古いほうでの開催でした。
    ここでクラシックのコンサートを聴くのはたぶん、25年ぶりくらいじゃないかな。
    ただ、ファミリーコンサートということで、そんなに堅苦しい雰囲気ではなく、楽しいプログラムでした。
    さすがに小さいお子様方はちょっとつらいようで、結構騒がしかったですが、それも仕方ないですね。

    とりわけ印象に残ったのは「津久見樫の実少年少女合唱団」のみなさん。
    失礼ながら地元ですが、まったく知りませんでした。
    今年のアルゲリッチ別府音楽祭でアルゲリッチさんとの競演も果たしたんだとか。
    素直さを残しつつ素晴らしい歌声で、ぐっとコンサートを引き締めてくれた気がします。

    こうやってコンサートに行くとやっぱりまた生で聴きたいなぁと思ってしまいます。
    地元では思ったように開催されなかったりしますが、こまめにチェックして福岡くらいまでなら足を伸ばしてみたいなぁと思います。

    関連エントリー:

      関連エントリーはありません。

    Filed under: 日記
    2011/10/05 9:57 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • とめ Says:

    生の演奏は良いでしょうね。
    大分から福岡もそんなに遠くないでしょうし。

    おいらも若い頃から旅暮らしばかりしていたので、
    九州も何回も行きましたよ。
    特にはまったのは、国東半島の磨崖仏です。

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    お子さんも多かったので静かな環境ではありませんでしたが、それでも生の音は気持ちよかったです。
    磨崖仏もまた巡ってみたいのですけどね。
    そろそろ良い季節なので、フィルムカメラを持ってドライブに行ってみようかな。