• 146月

    近頃どこかしこで発生している市町村合併の変遷を「パラパラまんが」のような
    地図表示で見せてくれるサイト、その名も「市町村変遷パラパラ地図
    というサイトを見つけました。
    http://mujina.sakura.ne.jp/history/index.html

    最初見た時は、「普通のフレーム表示サイト」と思ったんですが、それがちょっと
    違います。
    年代のところにマウスオーバーすると、右フレームの地図が自動的に切り替わる
    仕組みになっています。
    決して高度というほどではないんですが、とっても見やすくて良く分かるんですよね。

    で、早速、我が故郷の大分県を見てみると、すごい合併具合ですねぇ。
    来年の3月には、玖珠、九重、日出を除けば、あとは全部、「市」に
    なっちゃうんですね。
    「村」がなくなっちゃうのは、なんか寂しい気がします。

    あと、都道府県版もあって、これをみると、結構意外な発見が。
    明治のあたりには、結構、県単位でも変化があったんですね。

    神奈川県南多摩郡、北多摩郡、西多摩郡が東京”府”になったり、
    愛媛県から香川県、大阪府から奈良県、”石川”県から富山県、
    長崎県から佐賀県、鹿児島県から宮崎県が分立してたりします。

    ほぼ全ての都道府県が網羅されてるようですので、皆さんがお住まいの
    ところも一度ご覧になってみてはいかがでしょう?

    関連エントリー:

    Filed under: その他
    2005/06/14 10:51 pm | 市町村変遷パラパラ地図 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.