• 051月

    ニコン一眼レフのすべて 完全版」という本が昨年末に発売されたようで。

    このムック、2013年に出たものにその後のデジタル一眼レフなどを追加し、これまでの歴代一眼レフ全機種を解説している内容です。
    フィルムカメラの頃はペースものんびりしていましたが、最近はどんどん新機種が出るし…と思って一覧を見てみましたが、意外とまだフィルム一眼レフのほうが多いんですね。
    AF時代のフィルム一眼も結構なペースで出ていたからでしょう。

    銀塩カメラのこの手のムックは良く買っていたのですが、最近は全く手を出していません。
    そもそもカメラそのものを買い替えておらず、これを書くにあたってNikon D300のバッテリーが干上がっていないか心配になって、引っ張り出してきたくらいで…。
    ちなみに一度ほぼ完全放電させてしまい、ユニバーサルチャージャーでなんとか復活させられた、ということがあって以来、気を付けるようにしていますが。

    ムックのほうに話を戻しますと、そうしたカメラ一覧以外にも以下のような記事が載っているようです。

    ・歴史は、ここから始まった ニコンの聖地 大井工場を訪ねて
    ・創業100年に向けた、歴史の話をしましょう ニコンの語り部たち
    ・我らニコン大好き!! 放談

    私もこれを読んで、最近のモデルを研究したほうが良いかなぁ。
    そもそも持っているレンズがオールドNikkorばかりですから、必然的にDfくらいしか選択肢はなさそうな気もしますけど、D610とかが現実的な選択肢なのかもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2016/01/05 12:00 pm | ニコン一眼レフのすべて 完全版 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.