• 013月

    交換のiMacが届いて、Macのセットアップはほぼ終わったわけですが、
    最後にParallels DesktopでWindows XPを使えるようにしています。

    しかし、これが思った以上に大変です。
    まず、XPのライセンス認証が回数オーバーになったらしく、電話で
    認証作業をしないといけませんでした。

    フリーダイヤルでの番号入力は面倒くさいし、おまけに結局、それでは
    うまくいかず、オペレータさんに口頭で認証してもらいました。

    ソフトウェアを売る側としてはアクティベーションというのは必要なのかも
    しれませんが、もう少し便利にできる仕組みにしてもらえないものですかね。
    iTSのFairPlayみたいな感じで使えたら、楽なのに…と思います。

    そして、Parallelsのほうも、どうも不調です。
    インストーラでエラーが出てしまいますが、とりあえず無理矢理終わらせ
    ました。
    おそらく、接続してるUSB機器の関係ではないかと。
    OSをインストールする時は、余計なUSB機器は外しておくのが吉かも。

    で、現在は「地獄のWindows Update」中です。(苦笑)
    SP1でもない発売当初のXPからなので、それはもう再起動の嵐です。

    これを考えたら、Mac OS Xはとってもラクチンですよね。
    OSのアップデートやインストールを何回か経験しましたが、いつも
    特に大きなトラブルもなかったですし、Updateも基本的には一度で最新の
    ものにアップデートできます。

    まぁ、iTunesでお気に入りの音楽でも聴きながら、のんびりWindows Updateに
    付き合いたいと思います。(^^;

    関連エントリー:

    Filed under: Start Mac
    2007/03/01 7:59 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • H/ma Says:

    こんにちは。iMac G5のユーザーです。私もIntel Macへの移行を考えてます。同じくParallels DesktopでWindows XP指向です。Vistaはいりません、Leopard を使うので。Winのsetupは大変ですか。。。覚悟しておきます。頑張ってください。

  • MacBS Says:

    H/maさん、コメントありがとうございます。

    Windowsのセットアップ、私のインストールCDが
    初期のServicePackが何も当たっていないもので、
    かつアップグレード版だというのも手間が掛かる
    一因だとは思います。

    ただ、とにかく何回も再起動しなくちゃいけないのは
    今後もあまり変わらないでしょう。

    あと、Parallels Desktopに関してはUSBのサポートが
    イマイチという評判を耳にします。
    まだこれから完成度も上がっていくでしょうし、
    OSインストール時はUSB機器を外しておけばOKですので
    特に気になさらなくても大丈夫かとは思います。