• 063月

    以前もエントリーしましたが、3月に入ってからの、うちのブログへの
    ご訪問者様のアクセス解析をさせてもらいました。

    Start Macモニター開始後のプラットフォーム比率の推移は、下のような
    感じです。

    Mac(PowerPC) 49.2% → 47.5% → 47.9% → 44.7%
    Mac(Intel) 19.8% → 21.5% → 25.5% → 25.5%
    Windows 29.0% → 29.2% → 24.5% → 28.3%

    Windowsが少し盛り返しましたが、それでもIntel Macは減ってません。
    着実にIntel化が進んでるみたいですね。
    下のように、すでにIntel Macが1/3を超えてきています。

    PowerPC 63.7%
    Intel 36.3%

    で、Windowsのほうはどうでしょう?

    XP 79.5%
    2000 14.3%
    Vista 3.1%
    98/Me 1,7%
    NT 1.4%

    アクセス解析のCGIがVistaに対応してなかったので、ちょいと自分で
    修正して対応させてみました。

    すると、8割がXPなのはわかるとして、2位が2Kで、話題(?)のVistaは3位!
    しかも、たったの3%ほどで、98,Me,NTを合わせたアクセスと大差ありません。

    まだ出てから日が浅いというのはあるかと思いますが、予想外に
    普及が遅れてるんじゃないでしょうか。

    現状ではVistaを入れる恩恵よりも、Vistaの互換性などに伴う弊害の
    ほうが大きいから、仕方ない結果ですよねぇ。

    その点、Mac OS Xはバージョンアップしても互換性は高いですから、
    そういう意味でも安心。
    OSのお値段も、Leopardの価格はまだ発表されていませんが、Vistaよりは
    お安いはずですし、妙なアクティベーションもないので、扱いやすい
    ですよね。

    また1ヶ月後くらいに調べてみて、VistaやIntel Macの普及度合いを見て
    みたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Start Mac
    2007/03/06 5:27 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • Agas Says:

    現状、販売店に並んでいる Vista搭載機は
    OSが求める快適スペックを満たしてるのが少ないですよね^_^;
    PCの為のOSなのに、PCがOSに追い付かないのはちょっと…
    互換性の問題は非常に大きいですし
    何よりもMSの恒例としてサービスパックが出ないとおっかない(笑)

    ええ、XPが出た時にも殆ど同じこと言ってます(笑)

  • MacBS Says:

    Agasさん、コメントありがとうございます。

    Vista搭載といっても、Home Basicだったりして、
    それならXP Professional搭載のほうがうれしいですよね。

    OSとして要求するパワーが大きいわりには、そのメリットは
    あんまりたいしたことないのがVistaの痛いところかと。

    サービスパック、出るとしたら夏くらいでしょうか?
    いっそのこと、Officeのうちの1アプリくらい”サービス”で
    付けてくれないですかね?(笑)

    XPの時は、98/Meといった、ある意味、レガシーな
    OSがまだまだ多かったので、普及もある程度進んだのでしょう。

    我が家では、最近、Macを使う比率がどんどん高くなっております。