• 3011月

    先日のApertureのレポートに引き続いて、我が家にあるRAW現像ソフトで
    スピード比較をやってみました。

    Nikon D70のRAWファイルを適当に10枚選んで、それをバッチ処理で
    JPEGに変換する、という作業を、書くソフトにやらせてみました。

    なにはともあれ、まず、結果は下の表の通りです。

    RAW現像ベンチマーク結果

    ダントツでApertureの速さが光ってますね。
    正直、これはかなり予想外でした。
    巷の噂では「遅い」という評判でしたから、Capture NXと良い勝負かな、
    くらいにしか考えていませんでした。

    もちろん、今回は補正は全くせず、デフォルトのままでJPEGに書き出して
    ますから、そうした影響もあるかもしれません。
    それでも、この差は、そう簡単に埋まるものではないでしょう。

    ちなみに、MacのCapture NXが一番遅いですが、これはアプリケーションが
    まだユニバーサルバイナリ化していないせいですね。

    あと、MacのPhotoshopは、うちにあるのがCS(2じゃない)なので、
    一括現像ができないので、テストできませんでした。

    ハードウェアのスペックもさることながら、Apertureのソフトの完成度も
    1.5になって、かなり上がってることが体感できました。
    これは導入して良かったなぁと思います。

    Filed under: Start Mac
    2006/11/30 7:55 pm | RAW現像のスピード比較 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.